健康食品で悩み解消|アントシアニン等の有効成分を摂取しよう

微笑む女性

目の疲れを解消するために

背広の女性

目の疲れやすい環境を改善

スマートフォンやパソコンの普及により、目の疲れを訴える人が増加傾向にあります。インターネットの普及で視覚から得られる情報も格段に増えているため、目を酷使することも増えています。また、夜型生活をする人々も増加傾向にあるため、昼間に目を酷使した状態から、休めるための睡眠時間が削られているのも眼精疲労の原因の一つだといわれています。疲れ目と眼精疲労の違いとは、疲れ目の場合は、一晩、睡眠をしっかり取れば目の疲れも癒される場合のことをさします。眼精疲労は、休憩したり、睡眠をとっても疲れがとりきれずに残ってしまったり、また、頭痛や肩こり、目の痛みなどの症状が出てなかなか回復しない、もしくは回復してもすぐに症状があらわれてしまう場合のことをさします。

目の疲れをとるために

眼精疲労を改善するためには、目の疲れやすい環境を見直して、改善することがとても重要です。長時間、パソコンなどのモニターをみているような生活をしているなら、時間を減らすか、合間に休憩を入れて目を休めることも大切です。また、目の周りをマッサージすることで、目の周辺の血液の流れをよくします。そうすることで目の疲れを軽減することができるといわれています。その他にも、温めた蒸しタオルなどを目の上に乗せることでも血行をよくすることができます。目が充血している場合には、冷したタオルなどを乗せるといいでしょう。充血がある程度改善されるはずです。食生活でも、目に影響を与える栄養素を含む食材を使った食事をすることも大切です。もしくは、サプリメントなどで補うのもいいでしょう。