健康食品で悩み解消|アントシアニン等の有効成分を摂取しよう

微笑む女性

食生活の改善方法

体重計

食事内容の見直し

コレステロール値などの脂質異常がある場合には、すみやかに食事の内容を見直して、食生活習慣を改善することがとても大切になります。まずは、コレステロール値を下げる働きのある食物繊維やミネラルを豊富に含む食品を積極的に摂るようにしましょう。主食のごはんを玄米にしたり、パンを全粒粉やライ麦のものに変えるだけでも効果が上がります。海藻類やきのこ類も低カロリーなので、毎日の食事にたくさん取り入れやすいです。また動脈硬化を防ぐといわれているDHAやEPAを含んでいる青魚、良質なたんぱく源となる大豆製品、抗酸化作用の高い緑黄色野菜を意識して摂りましょう。逆にバター、乳製品、肉類などの脂肪分の多い食品を控えるようにしてください。揚げたり焼いたりすることを避けて、ゆでだり蒸したりする調理方法に切り替えることもコレステロール値の改善に有効です。

長く続けるための工夫

コレステロールを下げるための食生活はとにかく長く続けていかないと意味がありません。長く続けるためのコツとしては、まずは最初から極端に頑張りすぎずに、できることから徐々に改善していくことです。忙しくて自分で食事を作ることができない人や外食が多い人は、コレステロールを下げるためのさまざまな健康食品などを取り入れることで、負担を軽減することができます。また、人は成果が目で見えるとモチベーションがあがるものです。そこで、改善した食事の内容、体重、定期的な血液検査の結果などをノートなどに工夫して記録しておく方法もあります。記録をつけることで、頑張ろうという意欲が増すだけではなく、修正点などもわかりやすくなります。